アーカイブ ‘ 2013年 10月

UINavigationBarとUIScrollViewずれる!

iOS7にappを移行してみたら、NavigationBar分Viewが画面下にずれる現象が起こった。しかも、範囲強制している筈のScrollViewが全然効かなくなってしまった。

ひとつづつ確認してみるとView自体がNavigationBarに押し出されているわけではなく、ScrollView内のコンテンツがNavigationBar分スクロールしてしまっているようだ。たしかにscrollView.contentInsetが44pixel下がっている。むりやりこの値を0にしてみたが、アニメーション部分とあいまって妙な動きになってしまう。

どうしたもんかと更に調べてみるとありました。

UIViewControllerにautomaticallyAdjustsScrollViewInsets。これiOS7から追加された用ですが、ScrollViewのinsetを自動的にBar分調整してくれる便利(?)なもののようです。これをNOにすることで期待通りの動きに戻りました。

NavigationBarあたりは挙動が変わるものが結構あるので一個づつ潰して行くしかなさそうですね。

iOS7 FaceTime AudioとSkype

iOS7になってFaceTimeに音声のみで通話できる機能、「FaceTime オーディオ」が追加された。またこれまでWiFi下のみでしか使用できなかったFaceTimeがLTE/3G下でも通信可能になった。これで相手がiOS7を搭載したiPhoneであればキャリアを越えても実質通話料金を支払う必要はなくなったといえる。私のように毎月固定電話に何万円も支払っていた経験のある世代の人であれば「若い頃にあったらなー」と思ってしまうかもしれない。特に他の同系のものと違って、アプリケーションが起動している必要がないことと、それ用のIDを別途取得する必要がないというところで断然使い勝手が良い。

さて、無料通話といえば歴史のながい有名どころはSkypeだろう。今回FaceTimeオーディオの搭載されたことで、iPhoneのSkypeは不必要になったという声さえあるが、相手がMacだろうがWindowsだろうがスマホだろうが、無料で通話できてしまうこのアプリケーション、まだまだFaceTimeオーディオと共存して使わせてもらいたい。特にPCの前に座っているときにハンズフリーで使えるところがSkypeの便利なところ。もちろんFaceTimeだってMacを使っていれば同じように使えるのだが、なぜかMacのFaceTimeにはビデオのみをOFFにする機能がついていない。(ある? ないですよね?)自分の顔がモニタに映るとガッカリしてしまう私は通常は音声だけで十分というか音声だけが良い! 噂によるとこれはmavericksになっても変わっていないようだ。(そのうち変わるのでしょうが…)まあカメラに付箋でも貼ってしまえばいいのだけれど、無駄な通信とマシンパワーを使っているのでできるだけ軽快に行きたいのだ。

あれ? と思ったのはiOS7になってからSkypeの呼び出し音が鳴らなくなってしまった。通知はされているのでアプリケーションに問題はない模様。調べてみると、通知音がOFFになっていた。再インストール時に変わってしまったのかもしれない。下記で通知音(呼び出し音)が鳴るようになる。

設定 > 通知センター > Skype を選択後、サウンドのスイッチをONにする。

便利なSkypeさんFaceTimeオーディオさんとともにこれからもありがたく使わせて頂きます。

 

追記:OSX 10.9.2でFaceTimeオーディオがMacでも使えるようになりましたね。これで相手がiPhoneであればもうアプリのインストールなしで使えてしまいますね。ただWindowsやAndroidの相手ではまだまだSkypeのお世話になりそうです。

return top