アーカイブ ‘ 2015年 9月

恐る恐るtrimforce

使用中のMacbookAir(late2010)のSSDをJetDriveTS240GJDM500に交換してみた。これはSSDとケースを同梱した商品で、交換前に使用していたSSDをケースに入れて外部ドライブにできる優れものだ。ドライバー(工具)まで付属しているので、あっという間に入れ替えは完了した。またその外部ドライブから使用していたOSでブートできるのでインストール作業も非常に楽だった。
そしてTrimだが、10.10.4からOSに付属しているtrimforceを使用してみた。一応メーカのサイトではFAQにサラッと言及されているので問題ないと思われる。交換後2日使ったが特に問題は起こっていない。なんだか嬉しい。
(交換・使用はくれぐれも自己責任で。)

ssd

 

OS X 10.10.5, MacBookAir Late2010, Transcend JetDrive TS240GJDM500

 

[追記 2015.10.1]

El Capitan 10.11にアップグレードするとTRIMサポートがオフになりました。再度TrimForceでオンにすると、上記同様「TRIM サポート はい」になりました。確認しなかったら気づかないままオフで使い続けていました。

plistのバイナリ変換はplutil

今更なのだろうけど、plistのフォーマット変換はコマンドラインのplutilで出来るんですね。

[テキスト形式]plutil -convert xml1 info.plist
[バイナリ形式]plutil -convert binary1 info.plist

他にも豊富な機能があるみたい。以前はplistエディタでこのあたりできたと思うんですが...

OS X 10.10.5

return top