Twitter API ルール変更 どうなる?

楽チン ツイートと喜んでいるのもつかの間、ここのところTwitter APIのルールが変更されたということで話題になっている。まだよく理解できていないのが正直なとこだが、個人的に気になったのは、

  1. 全てのAPIで認証が必要
  2. 1時間当りのAPIアクセス数が60回に制限
  3. ディスプレイガイドラインに準拠が必要
  4. 基本は10万ユーザー以上に使用してもらえない

というところかな。

私のMacアプリケーション「MeNews」では、タイムラインの取得とSearch APIによるツイートの取得のふたつをやっている。従来、Search APIは認証の必要がなかったので、気軽に結果だけを取得していた。たぶんこれが、1.に引っかかることになるんだろう。ただタイムライン取得ですでにOAuth認証ができているので改変はそう問題ではないと思う。しかし2.の60回の制限にかかるとなると、この部分すこし考えなくてはならない。

3.のディスプレイガイドラインというのが具体的にどんなものかよくわからないのだが、取得したツイートの表示方法を限定されるような内容であると根本的な見直しが必要になりそう。

4.は、残念ながらとても相手にしてもらえるような数字ではないのだが、ほとんどの人が公式のアプリを使っているのだろうから、共栄していけばいいのではと思うのだが。もともととても開かれたAPIだったのだから。

しかし、iOSやMacの楽チン系のframeworkの場合このルールとはどのように影響するのだろう? きっと、作成したアプリはすべてiOS か OSX のTwitter Integrationからのアクセスということになると思うのだけど...

もうすこし調べてみたい。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top