OS X アップグレード時の注意 Apache PHP

Mountain Lionからシステム環境設定 > 共有から「Web共有」のチェックボタンがなくなった。これはMavericksでも復活はしていない。

そしてOS Xアップグレード後にはApacheが停止している。再起動するにはコマンドラインから再設定が必要なのだけれど、httpd.confも新しくなっているのでApache再起動後確認する必要がある。

特にPHPはデフォルトでOFFになっているのでアップグレード前のOSでPHPを使用していた場合はApacheの再起動をするとPHPファイルがテキストファイルとして表示されてしまう。なのでソースにパスワードなどが記載されていると丸見えになる。

公開サーバーをアップグレードするときは、必ずPHPの動作確認まですることを忘れないようにしないととても残念なことになってしまう。

Mavericksは無料だし、インストーラのおかげで楽にアップグレードができるので嬉しいのだけど。注意注意。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

return top