UINavigationBarとUIScrollViewずれる!

iOS7にappを移行してみたら、NavigationBar分Viewが画面下にずれる現象が起こった。しかも、範囲強制している筈のScrollViewが全然効かなくなってしまった。

ひとつづつ確認してみるとView自体がNavigationBarに押し出されているわけではなく、ScrollView内のコンテンツがNavigationBar分スクロールしてしまっているようだ。たしかにscrollView.contentInsetが44pixel下がっている。むりやりこの値を0にしてみたが、アニメーション部分とあいまって妙な動きになってしまう。

どうしたもんかと更に調べてみるとありました。

UIViewControllerにautomaticallyAdjustsScrollViewInsets。これiOS7から追加された用ですが、ScrollViewのinsetを自動的にBar分調整してくれる便利(?)なもののようです。これをNOにすることで期待通りの動きに戻りました。

NavigationBarあたりは挙動が変わるものが結構あるので一個づつ潰して行くしかなさそうですね。

iOS7 FaceTime AudioとSkype

iOS7になってFaceTimeに音声のみで通話できる機能、「FaceTime オーディオ」が追加された。またこれまでWiFi下のみでしか使用できなかったFaceTimeがLTE/3G下でも通信可能になった。これで相手がiOS7を搭載したiPhoneであればキャリアを越えても実質通話料金を支払う必要はなくなったといえる。私のように毎月固定電話に何万円も支払っていた経験のある世代の人であれば「若い頃にあったらなー」と思ってしまうかもしれない。特に他の同系のものと違って、アプリケーションが起動している必要がないことと、それ用のIDを別途取得する必要がないというところで断然使い勝手が良い。

さて、無料通話といえば歴史のながい有名どころはSkypeだろう。今回FaceTimeオーディオの搭載されたことで、iPhoneのSkypeは不必要になったという声さえあるが、相手がMacだろうがWindowsだろうがスマホだろうが、無料で通話できてしまうこのアプリケーション、まだまだFaceTimeオーディオと共存して使わせてもらいたい。特にPCの前に座っているときにハンズフリーで使えるところがSkypeの便利なところ。もちろんFaceTimeだってMacを使っていれば同じように使えるのだが、なぜかMacのFaceTimeにはビデオのみをOFFにする機能がついていない。(ある? ないですよね?)自分の顔がモニタに映るとガッカリしてしまう私は通常は音声だけで十分というか音声だけが良い! 噂によるとこれはmavericksになっても変わっていないようだ。(そのうち変わるのでしょうが…)まあカメラに付箋でも貼ってしまえばいいのだけれど、無駄な通信とマシンパワーを使っているのでできるだけ軽快に行きたいのだ。

あれ? と思ったのはiOS7になってからSkypeの呼び出し音が鳴らなくなってしまった。通知はされているのでアプリケーションに問題はない模様。調べてみると、通知音がOFFになっていた。再インストール時に変わってしまったのかもしれない。下記で通知音(呼び出し音)が鳴るようになる。

設定 > 通知センター > Skype を選択後、サウンドのスイッチをONにする。

便利なSkypeさんFaceTimeオーディオさんとともにこれからもありがたく使わせて頂きます。

 

追記:OSX 10.9.2でFaceTimeオーディオがMacでも使えるようになりましたね。これで相手がiPhoneであればもうアプリのインストールなしで使えてしまいますね。ただWindowsやAndroidの相手ではまだまだSkypeのお世話になりそうです。

Apple Keyboard アルミで option 起動できない

古い Core Duo iMac を今でもウェブ閲覧で使用しているが、バンドルの白いApple Keyboardがずいぶん前に壊れてしまい、その後、それよりは新しいアルミ筐体の有線 Apple Keyboard を接続して使用していた。

しかし、この組み合わせはどうもOptionキー押下でのブートデバイス選択ができないようだ。今まであまり気にしていなかったが、システムの入れ替えをしていてどうしても起動できなくなってしまった。

もう一台あった白い方のキーボードであればOptionキーが効くのでやはりアルミの方との組み合わせに問題があるようだ。一応解決方法としては、これもバンドルのリモコン(Apple Remote)のメニューボタンを押しっぱなしで起動すると、デバイス選択が現れるので一応なんとかなるようだ。

もう引退させるべき機器なのでしょうけど。一応需要があったりで、もう少しだけ頑張って。

Google Map SDK for iOS URL Scheme

でるぞでるぞと言われていたGoogle製 Map アプリがリリースされました。これでやっとiOS6にバージョンアップできるぜー。という人も多いのでしょうね。

アプリ内での使用はどうなんでしょう? Google Developersを見ると早速、Google Maps SDK for iOS のページが作成されている。View内に取り込む方法と、Google Map アプリにURLを渡す方法の2種類があるようだ。前者はAPI Keyの取得が必要であるようなので少し時間がかかりそうだが、URLを渡す、URL Schemeは簡単にできそうだ。

今までの地図アプリでは、「maps://」から始まるURLを渡していた。これを「comgooglemaps://」にすると良いようだ。そしてパラメータに下記を指定する。

  • zoom: 地図のズームレベル
  • center: 地図の中心点(緯度/経度)
  • mapmode: 標準/ストリートビュー
  • views: 渋滞情報や路線図などの表示

では、早速表示

[[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:@"comgooglemaps://?center=35.658606,139.745474&zoom=16"]];

写真

GoogleMapアプリがインストールされてない場合もあるので、事前に canOpenURL で利用可能かをチェックするの良いようだ。

APIキーが取得できたらViewへの取り込みもチェックしたい。

Google Maps URL Schemeの詳細

Xcode4.5.1, iOS6

iOS6さん、もう一度たずねて!

iOS6になってプライバシーの設定が強化された。連絡先などのプライバシーに携わる箇所にアクセスすると、「連絡先へのアクセスを求めています」との許可が求められるようになった。以前から位置情報の利用などでも許可が求められていたのでおなじみである。
しかし、この許可を求められるは一度だけでその後はもう聞いてこない、デバッグ中にもう一度聞いて欲しくて、アプリを再インストールするなどしたが、もう二度と聞いてくれなかった。
設定を見回すと、ありました。設定アプリを起動して、「一般」>「リセット」>「位置情報とプライバシーをリセット」。これでもう一度たずねてくれました。

return top